ヴェルニ

【お悩み】不倫相手の気持ちがわからない。電話占いヴェルニ じゅるりあ先生

不倫相手の気持ちを信じたい40代の女性がつかんだ希望とは

どんな恋愛であっても、つらいときはありますよね。特に不倫や復縁のようになかなか人には打ち明けられない関係のときは、ついひとりで悩んでしまいがちです。

誰かに聞いてほしい、でも身近に話せる人がいない。そんなときは、電話占いで気持ちを打ち明けてみると、新しい道を示してもらえます。

顔を合わせずに話ができる電話占いは、個人的な情報を教えることなく気軽に利用できるのがメリット。信頼できる占い師さんに話すことができれば、つらい気持ちも癒やされます。

ですが、実際にどんなサービスなのか、使ってみないとわからないのが不安ですよね。

400人の占い師を抱え、電話だけでなく実際に対面での鑑定もお願いできるヴェルニさんに、不倫相手との関係に悩む40代の女性が相談してみました。

どんな希望が与えられたのか。彼女の今後はどう変わったのか、レポートします。

電話占いを頼ろうと思ったきっかけ

電話占い ヴェルニの体験談
今回電話占いで鑑定をお願いするのは、36歳で独身のBさん。

Bさんは、数年前から既婚者の男性と不倫関係にあります。

不倫なんていけないと思いながらも、寂しさからつい関係を重ねてしまうというBさんですが、彼との気持ちのすれ違いに悩んでいました。

「この間、会う約束をするときに朝から会いたい私と遅い時間でもいいやと思う彼とケンカになって。

気持ちに温度差を感じてしまって、それから連絡するのが嫌になり、彼からLINEがきても素っ気ない返事ばかり返してしまう。

そのうち彼からの連絡もなくなって、今どんな気持ちでいるのか不安で……」

こんな悩みを持つBさんですが、既婚者の彼に気持ちを尋ねることもできず、ひとりで苦しんでいました。

そんなときに、インターネットで知ったのが電話占い。中でも、歴史が古く大勢の占い師がいる『電話占い ヴェルニ』さんなら、気持ちをわかってくれる人がいるかもと思い、試しに登録してみました。

『電話占い ヴェルニ』で人気のじゅるりあ先生に鑑定をお願いする

電話占いの利用方法

『電話占い ヴェルニ』への登録は、公式サイトより行います。

スマホやパソコンなどからアクセスし、新規登録の画面からメールアドレスを入力するとすぐに登録フォームのメールが届きます。

そちらから、名前と生年月日、性別やパスワードを入力して登録は完了。住所など詳しい個人情報を知らせる必要はありません。

登録後は、

①1,500円分の無料鑑定ポイント
②初めての先払い購入でポイント2倍サービス
③スマホのサイトでチュートリアルを完了すると最大2,000円分のポイントをプレゼント
④専任のコンシェルジュに悩みにぴったりの占い師を紹介してもらえる

のサービスがすぐに使えるので、そのまま鑑定をお願いすることも可能です。

スマホのサイトにアクセスし、チュートリアルとして用意されたお題(占い師を予約する、占い師のインタビューを読むなど)をクリアすると、お題に応じてポイントが加算されます。時間があるなら先にやっておくと、さらにお得に鑑定を始められますね。

初めて使うときは誰でも緊張します。うまく話せなかったりして無駄な時間があるとそれだけ損をすることになりますが、無料のポイントがあるのは嬉しいサービスですね。

電話占い ヴェルニの体験談
いよいよ鑑定をお願いするのですが、誰に申し込めば良いかが一番迷うところ。

Bさんの希望は、

・不倫の悩みであっても抵抗なく聞いてくれること
・彼の気持ちをみてくれること
・どんなことでもはっきり伝えてくれること

というもので、『電話占い ヴェルニ』の中でも特に複雑な恋愛について信頼のあついじゅるりあ先生に鑑定をお願いすることにしました。

じゅるりあ先生は、秀でた霊視・霊感能力を持っていて相手の名前や生年月日などがわからなくても正確に気持ちを読み取ってくださる占い師。

じゅるりあ先生
・鑑定歴:10年

・占術:霊視・霊感・送念・スピリチュアル・遠隔ヒーリングなど
・得意分野:相性・不倫・縁結び・前世・パワーストーンなど

レビューでも「何も言っていないのにみえている」「ズバリ当たっている」との声が多く、Bさんは「この占い師なら彼の気持ちを正確に伝えてくれる」と鑑定を決めました。

『電話占い ヴェルニ』で相談するまでの流れ

鑑定の予約は公式サイトの各占い師のプロフィールより行います。

「待機中」と書かれているときはすぐ鑑定をお願いでき、「鑑定中」となっているときは予約をして鑑定を申し込みます。

Bさんが鑑定を申し込むときは、じゅるりあ先生は幸い待機中でした。

「いますぐ電話鑑定する」をタップ(クリック)すると、自分から電話をかける「発信型 占い師指名」か『電話占い ヴェルニ』より電話をかけてもらう「着信型 占い師指名」を選べます。

Bさんは発信型を選択。次のページで「こちらにお電話していただくと鑑定が開始致します」のメッセージとともに番号が表示されるので、そちらにかけます。

最初は「お待ちください」という自動ガイダンスが流れます。その後でじゅるりあ先生と通話がつながり、鑑定がスタートとなります。

じゅるりあ先生からいただいたメッセージとは

以下、Bさんが鑑定を受けた様子です。

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

もしもし

もしもし。どうぞよろしくお願いいたします

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

はい、よろしくお願いします。本日はどんなお悩みですか?

実はいま不倫をしていて、相手の気持ちを知りたいと思い……

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

それは、漠然とした気持ちを知りたいということですか? それともケンカをしたとかきっかけがあって?

はい、あの、気持ちに温度差を感じるようなケンカをしてしまって、それから私のほうから連絡しなくなり、あちらからも来ない状態になっていて

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

そうなのですね、わかりました。では、お相手のお名前を聞いてもよろしいですか?

はい。○○○といいます

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

はい。少しお待ちくださいね

15秒ほど待つ。

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

あのね。
不倫とはいえ、感情の押し付けあいはダメだなというか、この人には家庭があるんだから、自分の気持ちを押し付けるのは違うなって、そう言っています

え?

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

お互いの現状、不倫ね、それを考えつつ、線引きがある、と。
あなたの気持ちに対して、応えられる部分と応えられない部分がある、って彼は言っています

はい

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

お互いの状況について教えてくれますか? 家庭の状況とか

はい。彼は奥さんと子どもの3人暮らしで、私は独身です

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

彼はね、あなたの背後に嫉妬しているみたい

嫉妬ですか?

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

そう。自分は身動きがとれないのに、あなたは自由に過ごしている

それがあるから、彼のほうは素直になれない、とか

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

いえ、そうではないみたい。
あなたは素敵な人だけど、自分の自由にできる人ではない。だから、扱いが適当になる

適当……

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

そう。
あなたの背後に不快感があるんだけど、それを自分はどうにかしようとは思わない。あなたにどうこうするのは無礼というか、失礼というか。
あなたの状態について面倒がみきれないのね

はい

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

普通、不倫なら相手が独身であることに遠慮があったりするんだけど、彼の場合はそれがないのね。あなたが独身であることを気にしていないみたい。
だから、あなたに対して適当な扱いでもいいだろうと

そうなんですか……

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

嫉妬心。それがあるからあなたへの扱いが雑になる、って彼は言っています

じゃあ、私のことはどうでもいいと

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

そんなことはない、と言っていますよ。
ただ、あなたに礼儀正しくするには別れたほうがいい、と。
あなたは素敵な人だから、不倫、セフレのような今の関係は失礼にあたる

別れたほうがいいと言っているんですね

じゅるりあ先生
じゅるりあ先生

そうね。
不倫であっても、心と心が維持できるならそれも恋愛だけど、自分は違うからそれをやめたいと言っていますね

わかりました。ありがとうございました

『電話占いヴェルニ』でじゅるりあ先生に相談した感想

『電話占い ヴェルニ』でじゅるりあ先生に話を聞いてもらったBさんからは、

・先生の言う彼の姿は思い当たることばかり
・「適当」「雑」は自分でも感じていた
・落ち着いた声でとても話しやすい占い師だった

という感想をいただきました。

Bさんがショックだったのは、

「私のことを好きとか愛しているとか、前向きな言葉がなかったこと」

です。

独身である自分に対して、彼が以前から「自由で羨ましい」と思っているのは知っていた、でもそれが雑な扱い、適当な対応につながっているとは思わなかったそう。

「愛情の前に、自分の状況について嫉妬心がある」

先生から聞かされた彼の“本音”はBさんにとって思い当たることが多く、それが気持ちの温度差を感じること、こちらが連絡しなくなればすぐに向こうからも来なくなるようなお付き合いになっているのだと、改めて実感したそうです。

「今の不倫の関係が、私に対して失礼にあたるっていうのは彼からも聞いていました。だからあまり積極的になれないんだなって、別れたほうがいいと思っているんだなって、納得できました」

じゅるりあ先生との電話を切ったあと、Bさんはしばらく落ち込んでしまったそうです。

好きな男性から別れたほうがいいと思われているなんて、悲しいですよね。

でも、それが不倫であって、どうしてもまともな愛情のやり取りはできない。彼はBさんのことが嫌いで適当な扱いになるわけではなく、自分は既婚者だという線引きがある。

「このまま関係を続けても、彼が別れたほうがいいと思っている以上は、うまくいかないだろうなと思いました」

改めて彼の本心を知ることができて、Bさんの決心は固まりました。

数日後、Bさんのほうから彼に別れ話を切り出し、ふたりの関係は終わったそうです。

「それで良かったの?」と尋ねると、

「本当は私のことを大事にしたいけど、今の不倫っていう関係にあの人が疑問を持っていることは、薄々感じていたから。体目当てとかそんな気持ちじゃなく付き合ってくれていたことがわかっただけで私は十分」

と、Bさんはしっかりと答えてくれました。

今は、新しい出会いに向けて仕事やプライベートを充実することに気持ちを向けている、と忙しく過ごしています。

『電話占い ヴェルニ』で見つけた本当の答え

鑑定を受けてからしばらくはふさぎ込んでいたBさんですが、じゅるりあ先生からの言葉を思い出し、

「不倫でもやっていけるかなって甘えが私にはあった。でもそれは無理なんだなってはっきりわかった」

と別れることの踏ん切りをつけることができたそうです。

どんな恋愛であっても、ふたりの気持ちが揃っていれば道はあります。ですが、今回のように片方がやめたほうがいいと思っているときは、どんなにがんばっても前向きな結果を得るのは難しいのが現実です。

それを改めて知ることができ、Bさんは新しい自分だけの幸せを考えることができるようになりました。

「電話占いだったから、不倫であることも正直に言えた」とBさんは話していましたが、人に言いづらい悩みこそ、電話占いは力強い味方になってくれます。

実績のある占い師が数多く揃っている『電話占い ヴェルニ』なら、Bさんのように厳しい現実もしっかり伝えてくれる頼れる占い師に出会えるでしょう。

つらい恋愛は、悩んだままでは幸せから遠ざかるばかりです。

まずは打ち明けてみることで、より良い未来が待っていることを忘れずにいたいですね。

人数が多いだけでなく、厳しい審査を突破した占い師のみが在籍する『電話占い ヴェルニ』なら、あなたの悩みを受け止めてくれる占い師とより良い未来を切り開いていけるでしょう。

まずは相談してみる

『電話占い ヴェルニ』ってどんなサイト?

『電話占い ヴェルニ』は、サービスの開始が2004年と数多くある占いサイトの中での老舗のサイト。

在籍する占い師は400人、恋愛から人間関係、家族のことまで、幅広い悩みに対応しています。

『電話占い ヴェルニ』の大きな特徴は、電話で占ってもらえるだけでなく、全国の占いの館と連携して対面での鑑定も可能なこと。

実際に顔を合わせての鑑定も行ってくれるのは心強いですね。

ほかにも、鑑定料金は銀行振込やクレジットカードでの支払いだけでなく、電子マネーや携帯キャリア決済などにも対応しており、いつでも気軽に利用できるのもメリットです。

初回の登録では、

①1,500円分の無料鑑定ポイントをサービス
②初めての先払い購入でポイント2倍サービス
③スマホのサイトでチュートリアルを完了すると最大2,000円分のポイントをプレゼント
④専任のコンシェルジュに悩みにぴったりの占い師を紹介してもらえる

のサービスがあり、より安心して始められます。

まずは登録してみて、自分に合う占い師を探してみましょう。

ヴェルニで占う

占い体験談
離婚したあと恋愛がうまくいかない
セフレとの関係に悩む32歳の女性が本当に知りたかったこと
ひどい暴言を吐いた元カレの気持ちが知りたい
セックスレスに悩む38歳の女性が知らなかった夫の姿とは
とにかく出会いがない!
家族に内緒の不倫関係。このまま続けてもいい?

誰にも言えない悩みは電話占いで。
プロの占い師にあなたの悩みを相談してみませんか。
すぐに解消したい辛い気持ちでも、いつでも相談可能です。

好きな時に相談できる!
忙しくて時間が取れなくても、電話ならいつでも好きな時に相談できます。

対面では言いにくい悩みも話しやすい
顔を合わせない電話占いでは、言いづらい悩みも話しやすく、気兼ねなく相談できます。

口コミやレビューが確認できる
多くの電話占いでは占い師の口コミを公開しているので、人気の先生が見つかります。


ランキング

 

体験談では、電話占いを実際に利用した方の詳細なレビューを掲載しています。
ぜひこちらもチェックを。

体験談はこちら

ウラリコ