占いコラム

【蟹座の恋愛と結婚】12星座で知る愛の運命

今回は蟹座です。やさしくて世話好きという印象がある蟹座ですが、意外にも厳しい一面を持っていたりもします。ストイックに自分を高めることができるので、温厚そうな雰囲気の陰には芯の強さが潜んでいるはず。そんな蟹座を、基本性格から大解剖。恋愛と結婚を詳しく見ていきます。

【牡羊座の恋愛と結婚】12星座で知る愛の運命
【牡牛座の恋愛と結婚】12星座で知る愛の運命
【双子座の恋愛と結婚】12星座で知る愛の運命
【蟹座の恋愛と結婚】12星座で知る愛の運命
【獅子座の恋愛と結婚】12星座で知る愛の運命
【乙女座の恋愛と結婚】12星座で知る愛の運命
【天秤座の恋愛と結婚】12星座で知る愛の運命
【蠍座の恋愛と結婚】12星座で知る愛の運命
【射手座の恋愛と結婚】12星座で知る愛の運命
【山羊座の恋愛と結婚】12星座で知る愛の運命
【水瓶座の恋愛と結婚】12星座で知る愛の運命

蟹座の性格

身内に愛情深い蟹座。意外と情報通なところも

蟹座はやさしく、愛情深いタイプ。親しくなると濃厚な付き合いになりやすく、相手のためになると思えば、率先して面倒を見るでしょう。

集団の中では飛び抜けて目立つことはないですが、人当たりが良く聞き上手なため、相談役や教育係として欠かせない存在になるはず。

とはいえ、蟹座は「味方」と「敵」をハッキリ区別するところがあり、身内意識が強め。大切な人とそうでない人では、注ぐ思いの深さも違ってきます。大切な人には、自分を犠牲にしても構わないと思うほど、とことん尽くすでしょう。

そのため、家族や恋人、親友といった身近な人たちとのつながりは基本的に強いはず。

また、蟹座は情緒豊かで、実際の性別に関係なく女性的な感覚を持つタイプ。他人の感情を繊細に察知したり、口コミや噂、流行に敏感だったりするでしょう。

表に出にくい『裏事情』に精通している蟹座も多いはずです。

蟹座の恋愛傾向

蟹座にとっての恋愛=結婚

蟹座は、恋愛と結婚を直結させて考えます。年齢が若くても、結婚まで考えられる人でなければ恋人関係にはならないはず。

常識人でキチンとした感覚を持つので、遊び感覚で恋をすることはなく、貞操観念が比較的しっかりしているでしょう。本当に好きな人と、二人だけの世界で深く愛し合いたいタイプです。

しかも、いったん好きになるととことんのめり込むため、関係は長く続くはず。生涯を通じての恋愛経験はそれほど多くないかもしれません。

また、付き合うと同棲することが多いのも、蟹座の特徴。恋人とは濃厚な関係を望むので、生活を共にすると安心するのでしょう。付き合い始めから家族のような関係になりやすいようです。

蟹座が好きになる人

好みのタイプは、素直で安定している人

無意識のうちに結婚を考えて恋をする蟹座は、いろんな意味で安定感のあるタイプが好きです。

包容力があって経済力も高いなど、結婚相手としてふさわしいスペックを、どうしても求めてしまうのです。恋するウキウキ感に浮足立ちながらも、いつも冷静に相手を分析しているでしょう。

また蟹座は、メンタルが安定していて、素直なタイプが好き。

温厚な人はもちろん、ガンコなこだわりが少ない人なら、あまり衝突しないで済むと本能的に察するのでしょう。

蟹座は親密な仲になるほど、良かれと思って厳しいアドバイスをしがち。何でも素直に受け止められる人のほうが、恋愛対象になるはずです。

蟹座にとって苦手な人

警戒心の強い蟹座は、好き嫌いハッキリ

蟹座が苦手とするのは、周りに流されがちでポリシーに欠ける人。

そもそも蟹座は、マイルールや信念を守ってストイックに自分を高めていくタイプ。キチンとしていない人やプロ意識がない人には、共感ができないでしょう。

そして、蟹座は身内意識が強く、自分が厳選した人としか深く付き合わないところがあります。社交性は人並みにあるので、露骨に差別はしませんが、馴れ馴れしい人は苦手。

本当に打ち解ける相手は、自分で吟味して決めたいと考えるため、一方的に距離を詰めてくるタイプには困惑してしまうでしょう。

蟹座は警戒心が強いので、「他人」「知り合い」「友だち」「本当に大切な人」という境界線がハッキリ分かれているはずです。

蟹座がされて喜ぶこと

何事にも最善を尽くす態度を

蟹座は、「何事もキッチリやる」ということを態度で示されると喜びます。

たとえば、職場で手が回らなくなり、部下に手伝ってもらったとします。それが期待以上の仕上がりだったら、思わず興奮してしまうはず。

言われたことをこなすだけでなく、最善を尽くしてくれたことに、一気にテンションが上がるでしょう。その部下をベタ褒めするに違いありません。

蟹座は、責任感があってプロ意識も強いタイプ。そのため、ポリシーのある言動にはハッとさせられることが多いでしょう。

また、面倒見の良い蟹座は、ヘルプを求められると喜びます。世話を焼くのがそもそも好きなので、誰かの役に立つことをうれしく思うのです。

蟹座がされて嫌がること

仏の顔も三度まで。蟹座の温厚な態度には甘えすぎないように!

蟹座が嫌がるのは、何度も同じ内容を注意すること。「気を付けたほうがいいよ」「それは、やめてほしい」と言ったことを相手が覚えず、繰り返し注意しなければいけない状況にはウンザリするでしょう。

仏の顔も三度までというように、初めは穏やかに指摘しても、三度目の注意ともなればブチ切れるはず。蟹座は、温厚に見えて意外に短気なんです。

世話好きで、性別に関係なく母性が強いことが特徴ですが、蟹座の母性は『癒し系のママ』ではなく、『肝っ玉母さん』タイプ。怒る時は容赦ないでしょう。

相手が親しい人であるほど、厳しい態度を見せるはずです。

また、社交性はあっても、集団行動があまり得意ではないので、知らない人が多い飲み会などに参加させられるのは苦痛でしょう。

ニコニコしていても、心の中ではグッタリしているに違いありません。

蟹座の結婚

家族が一番

蟹座の女性は、守るべきものがあると強くなります。家庭という絶対的な宝物を手に入れれば、夫や子どもと幸せに暮らすことを何よりも最優先するはず。

独身時代よりもメンタル面が強化されたり、多少のことには動じなくなったりして、人間の器が一回り大きくなるでしょう。

結婚・出産後に仕事を続けるにしても、蟹座にとって一番大切なのは、家族。働くことは自分のためではなく、家庭がより良くあるためのきっかけと考える傾向があります。

そのため、子どもと過ごす時間を確保したいからと、在宅勤務やフリーランスの道を選ぶ場合もあるかもしれません。

夫に対しては、ときに厳しいアドバイスを言っても、基本的には内助の功を尽くす良き妻になるでしょう。「キミがいるから安心できる」「パートナーとして心強い」と、いつまでも深く愛されるはずです。

蟹座が幸せな恋愛をするために必要なこと

一途な蟹座は、好きになる相手をよく考えて

蟹座は愛情深く、恋人とは心の奥でつながり合いたいタイプ。好きになると、とことんのめり込み、身も心も捧げてしまう一途なところがあります。

ただ、そんな風に一生懸命になるぶん、好きになる相手はよく吟味したほうが良さそう。

既婚者に恋をするとドロ沼不倫になりやすく、相手の「いつか離婚する」「待っていてほしい」という言葉を純粋に信じてしまうはず。

あるいは、仕事が忙しいサバサバタイプと恋人同士になれば、いつも待たされ、自分だけが寂しい思いをする可能性が。

蟹座が幸せになるためには、自分と同じ感覚で愛し合える人を選ぶ必要があります。二人だけの甘い世界を一緒に楽しめる、愛情深い恋人を見つけることが大事です。

text/沙木貴咲

知りたい彼の気持ち
・ひどい暴言を吐いた元カレの気持ちが知りたい
・不倫相手の気持ちがわからない…
・復縁したいけど、相手はどう思っている?

誰にも言えない悩みは電話占いで。
プロの占い師にあなたの悩みを相談してみませんか。
すぐに解消したい辛い気持ちでも、いつでも相談可能です。

好きな時に相談できる!
忙しくて時間が取れなくても、電話ならいつでも好きな時に相談できます。

対面では言いにくい悩みも話しやすい
顔を合わせない電話占いでは、言いづらい悩みも話しやすく、気兼ねなく相談できます。

口コミやレビューが確認できる
多くの電話占いでは占い師の口コミを公開しているので、人気の先生が見つかります。


ランキング

 

体験談では、電話占いを実際に利用した方の詳細なレビューを掲載しています。
ぜひこちらもチェックを。

体験談はこちら

ウラリコ